不景気 Japan

fukeiki news in Japan

業績悪化

岩手銀行が川徳の債権、取立不能、遅延の恐れ。

地方銀行の「岩手銀行」は、保有する地方百貨店の株式会社川徳の債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。 株式会社川徳が2022年12月29日付で岩手県中小企業活性化協議会の支援による事業再生計画を成立させたことに伴う…

日本製鉄子会社の日鉄鋼板、生産再編を発表。構造改革を実施。

製鉄大手の日本製鉄の完全子会社で、鋼板加工業を行っている日鉄鋼板は、大阪地区、愛知地区の生産拠点の集約と、呉地区の事業終了を発表しました。同社の主力である住宅・建設向けや自動車向け等での需要の減少、急激なコスト増加等などを踏まえ、現状のま…

Metaが1万1,000人を解雇。グローバルでFacebookやInstagramを運営。

FacebookやInstagramを運営するMeta(メタ)のマーク・ザッカーバーグCEOは11月9日、社員1万1000人を解雇することを発表しました。この削減人数は会社全体の約13%に当たります。コロナ禍で行った増資で期待通りの結果が出なかったことを要因としています。…

楽天グループ 社債価格が過去最低水準に。赤字拡大などが懸念。

11月11日の決算発表を前に、楽天グループの社債価格が赤字拡大の懸念が強まり、過去最低の水準近くに落ち込んでいます。モバイル事業向けの資金調達のために、中核事業の一部に影響が及んでいることや、証券事業、銀行の株式新規上場(IPO)が計画通りにいか…

JR四国、全路線で赤字。2年連続。来春値上げに。

JR四国は、2021年度の線区別収支は、全8路線、18区間すべての線区で2年連続の赤字であったことを明らかにしました。19年度には唯一黒字だった、本州と四国を結ぶ本四備讃線(瀬戸大橋線、児島―宇多津)も4億円の赤字でした。なお、赤字額が最も大きいのは土…

日医工が債務超過に。ジェネリック大手企業でADR手続き中。

ジェネリック医薬品大手の日医工は、債務超過に陥る見込みであることを発表しました。 同社は国の承認手順と異なる方法で医薬品を製造したとして昨年、富山県から業務停止命令を受け、業績が悪化し、ADR手続の中で事業再生計画案を策定を行っていました。 こ…

Twitter 4,000人規模を解雇。日本国内も広報部門は全員解雇。

ツイッター(Twitter)は、全従業員の5割にあたる4,000人規模の人員削減を行ったことを明らかにしました。イーロン・マスク氏が同社を買収したことに伴うコスト削減策の一環で、日本国内の従業員においても、幅広い部署で解雇が行われたとみられています。日…

四国電力、450億円の赤字予想。

四国電力は2022年10月28日、2022年度の連結業績で前年度を大きく上回る450億円の赤字となる予想を発表しました。 ◆2022年度連結業績予想(前年度)・売上高 8,550億円(6,419億円)・営業損益 △450億円(△135億円)・経常損益 △300億円(△121億円)・純損益 …

北陸電力、赤字1000億円に。

北陸電力は2023年3月期通期連結業績予想を公開し、前期を大きく上回る、1000億円の営業赤字となる予想を発表しました。 2023年3月期通期連結業績予想(前年実績) 売上高 8500億円(6137億5600万円) 営業利益 △1000億円(164億1500万円) 純利益 △900億円(67億620…

日清製粉グループ、オーストラリア子会社の影響で赤字転落。

2022年10月19日、日清製粉グループ本社は2023年3月期の業績予想の修正を行い、純損益が38,000百万円となる見通しを公表しました。 ◆2023 年3月期第2四半期連結業績予想数値の修正(百万円)・売上高 370,000 → 385,000・営業利益 15,000 → 15,500・経常利…

丸大食品 第2四半期は△10億円の赤字転落 

2022年9月26日、丸大食品は2023年3月期第2四半期業績の下方修正を発表しました。 売上高 112,000→110,000 営業利益 500→△1,000 経常利益 700→△800 純利益 200→△1,000 売上高は外食需要の回復があるものの、食料品などの値上げにより節約志向が高まり微減、利…

中国電力が過去最大の赤字見込み。燃料高騰で1390億円。

中国電力は2023年3月期の純損益が1390億円の赤字になる見通しを明らかにしました。この赤字額は同社の過去最大の金額になります。 同社の連結の売上高は、前年度より増収となる1兆6200億円を見込んでいます。しかし、急激な燃料費の高騰を電気料金にすぐに反…

くら寿司 コロナ影響で赤字転落。

回転寿司チェーン大手の「くら寿司」は、2022年10月期連結業績予想を下方修正し、営業利益が9.2億円の赤字となることを発表しました。従来予想の28億円の黒字から、一転、赤字転落になります。コロナの影響で来店客数が当初計画から大幅減少したことに加え、…

明電舎下方修正で、2Qの赤字拡大

2022年8月31日、明電舎は2023年3月期第2四半期の連結業績の下方修正を行いました。売上高 105,000 → 105,000 営業利益 △2,800 → △4,200 経常利益 △2,800 → △3,600 純利益 △2,000 → △2,200 ※いずれも百万円EV事業が自動車の生産台数の影響を受け、また電力イ…

東京電力子会社が67億円の債務超過

東京電力ホールディングスは、全額出資する子会社で電力小売事業を行う東京電力エナジーパートナーが、2022年6月末時点で、67億円の債務超過に陥ったことを明らかにしました。 ウクライナ情勢により、発電に必要なLNGなどの価格が高騰している中、企業や家庭…

極楽湯HD コロナ影響などで債務超過。継続企業の前提に疑義注記

大手スーパー銭湯チェーンの極楽湯は、2022年8月26日に2022年3月期の決算発表を行い、連結純資産は△12百万円となり、債務超過に陥ったことを明らかにしました。同社は日本、中国でスーパー銭湯を運営していますが、コロナやエネルギーコストの高騰、円安の影…

良品計画 下方修正 

2022年6月30日、良品計画は、2022年8月期の業績を下方修正いたしました。 ・営業収益 4700億円 → 4700億円・営業利益 380億円 → 260億円・経常利益 450億円 → 300億円・純利益 270億円 → 200億円 既存店の売上は前年並みを確保したものの、価格プロモーショ…

HIS 最終は赤字拡大で着地

2022年6月13日、旅行代理店大手のHISは、2022年10月期の第2四半期の連結業績を発表し、純損益が269億円と、前期の235億円の赤字を上回る損失を計上することを明らかにしました。 エネルギー事業以外の大半の事業で収益を改善しているものの、HTBエナジーの譲…

gumi 22年4月期は赤字決算

2022年6月10日、スマートフォン向けゲーム開発などを手掛けるgumiは2022年4月期の決算発表を行い、黒字だった前期から一転、赤字となったことを公表しました。 2021年4月期 2022年4月期・売上高 186.2億円 → 189.4億円・営業利益 15.1億円 → △22.6億円・経常…

輸入車販売 5月14.7%減

2022年6月6日、日本自動車輸入組合(JAIA)は5月の輸入車販売台数が、9か月連続で前年実績を下回る、前年同月比14.7%減の17,285台であったことを発表しました。受注は落ちていないものの、半導体不足を背景に、メーカー各社の減産が影響しているということ…