不景気 Japan

fukeiki news in Japan

赤字

楽天グループ 社債価格が過去最低水準に。赤字拡大などが懸念。

11月11日の決算発表を前に、楽天グループの社債価格が赤字拡大の懸念が強まり、過去最低の水準近くに落ち込んでいます。モバイル事業向けの資金調達のために、中核事業の一部に影響が及んでいることや、証券事業、銀行の株式新規上場(IPO)が計画通りにいか…

JR四国、全路線で赤字。2年連続。来春値上げに。

JR四国は、2021年度の線区別収支は、全8路線、18区間すべての線区で2年連続の赤字であったことを明らかにしました。19年度には唯一黒字だった、本州と四国を結ぶ本四備讃線(瀬戸大橋線、児島―宇多津)も4億円の赤字でした。なお、赤字額が最も大きいのは土…

コナカ赤字拡大。前期を上回る32億円の赤字見通し。

紳士服大手のコナカは、2022年11月7日、2022年9月期の最終損益が前期の19億3800万円の赤字を上回る、32億3100万円の赤字となる見通しであることを発表しました。従来予想は3億円の黒字でした。 ◆2022年9月期通期における業績予想の修正・売上高 75,000百万円…

電力10社、合計5,500億円の赤字。今後値上げも検討。

全国の大手電力10社の2022年4月~9月期の決算が出そろいました。石炭や天然ガスなど発電用燃料の高騰や、円安の影響により調達コストが急増したものの、電気料金への転嫁が追いついておらず、10社中9社が最終赤字でした。現在、多くの電力会社が電気を売れば…

関西電力、2500億円の赤字見込み

2022年10月31日、関西電力は2023年度第2四半期の決算発表を行い、当四半期は1500億円、通期で2500億円の赤字となる見通しを発表しました。 2023年度第2四半期(前年度) 売上高 1兆7842億円(1兆2588億円) 営業利益 △1519億円(111億円) 経常利益 △1118億円(127…

四国電力、450億円の赤字予想。

四国電力は2022年10月28日、2022年度の連結業績で前年度を大きく上回る450億円の赤字となる予想を発表しました。 ◆2022年度連結業績予想(前年度)・売上高 8,550億円(6,419億円)・営業損益 △450億円(△135億円)・経常損益 △300億円(△121億円)・純損益 …

北陸電力、赤字1000億円に。

北陸電力は2023年3月期通期連結業績予想を公開し、前期を大きく上回る、1000億円の営業赤字となる予想を発表しました。 2023年3月期通期連結業績予想(前年実績) 売上高 8500億円(6137億5600万円) 営業利益 △1000億円(164億1500万円) 純利益 △900億円(67億620…

日清製粉グループ、オーストラリア子会社の影響で赤字転落。

2022年10月19日、日清製粉グループ本社は2023年3月期の業績予想の修正を行い、純損益が38,000百万円となる見通しを公表しました。 ◆2023 年3月期第2四半期連結業績予想数値の修正(百万円)・売上高 370,000 → 385,000・営業利益 15,000 → 15,500・経常利…

タカキュー2Q決算も赤字。債務超過が15億円に拡大。

イオン子会社で、紳士服専門店のタカキューは、2022年10月5日、決算発表を行い、最終損益が7億1,300万円の赤字であり、債務超過が15億円に拡大したことを明らかにしました。同社は店舗運営の効率化など構造改革を行い、収益改善を推進していましたが、期初の…

イオン子会社、ジーフットが赤字拡大見通し。業績下方修正を発表。

イオン子会社で、靴の販売チェーンであるジーフットは、2022年10月6日、2023年2月期通期連結業績予想を下方修正し、赤字が拡大する見通しを明らかにしました。 【2023年2月期通期連結業績予想(百万円)】・売上高 75,000 → 63,000・営業利益 △1,050 → △5,40…

マリノスフットボールパーク東山田などを運営するジェイスポーツの親会社、ジェイホールディングスが赤字転落。

横浜市のマリノスフットボールパーク東山田を運営するジェイスポーツなどを傘下に持つ、ジェイホールディングスは、2022年10月4日、2022年12月期の通期連結業績予想の修正を行い、赤字に転落する旨を発表しました。 【2022年12月期 通期連結業績(百万円)】…

北海道電力 2022年度は約700億円の赤字見込み

2022年9月22日、北海道電力は、2022年度の連結業績が約700億円の赤字となる見込みを発表しました。売上高は、燃料価格の上昇に伴う燃料費調整額の増加や小売・他社販売電力量の増加などにより、前年度に比べ3,070億円程度増加の9,700億円程度となる見通しで…

中国電力が過去最大の赤字見込み。燃料高騰で1390億円。

中国電力は2023年3月期の純損益が1390億円の赤字になる見通しを明らかにしました。この赤字額は同社の過去最大の金額になります。 同社の連結の売上高は、前年度より増収となる1兆6200億円を見込んでいます。しかし、急激な燃料費の高騰を電気料金にすぐに反…

明電舎下方修正で、2Qの赤字拡大

2022年8月31日、明電舎は2023年3月期第2四半期の連結業績の下方修正を行いました。売上高 105,000 → 105,000 営業利益 △2,800 → △4,200 経常利益 △2,800 → △3,600 純利益 △2,000 → △2,200 ※いずれも百万円EV事業が自動車の生産台数の影響を受け、また電力イ…

東京電力子会社が67億円の債務超過

東京電力ホールディングスは、全額出資する子会社で電力小売事業を行う東京電力エナジーパートナーが、2022年6月末時点で、67億円の債務超過に陥ったことを明らかにしました。 ウクライナ情勢により、発電に必要なLNGなどの価格が高騰している中、企業や家庭…

極楽湯HD コロナ影響などで債務超過。継続企業の前提に疑義注記

大手スーパー銭湯チェーンの極楽湯は、2022年8月26日に2022年3月期の決算発表を行い、連結純資産は△12百万円となり、債務超過に陥ったことを明らかにしました。同社は日本、中国でスーパー銭湯を運営していますが、コロナやエネルギーコストの高騰、円安の影…

アーレスティ 1Qは昨年よりも赤字拡大

アルミダイカスト大手のアーレスティが2022年度第1四半期の決算発表を行い、昨年同時期の決算に比べ、赤字が拡大していることを明らかにしました。 ◆第1四半期決算 2021年度 → 2022年度 (百万円)・売上高 27,117 → 33,133・営業利益 △653 → △553・経常利益…

クックパッド 2Q決算発表。赤字拡大。

2022年8月12日、クックパッドは2022年12月期第2四半期決算の発表を行い、赤字が拡大したことを明らかにしました。 ◆2022年12月期第2四半期連結業績(百万円)2021年12月期第2四半期 → 2022年12月期第2四半期・売上収益 5,106 → 4,566・営業利益 △1,056 → △1,…

楽天グループ モバイル事業が足枷になり、2Q決算は過去最大の赤字。

2022年8月10日、楽天グループは2022年12月期 第2四半期の決算発表を行い、過去最大となる1700億円を超える赤字となることを明らかにしました。 ◆2022年12月期 第2四半期の連結業績(百万円)・売上収益 893,598・営業利益 △197,075・税引前利益 △214,487・四…

メルカリ 75億円の赤字転落。

メルカリは2022年8月8日に、2022年6月期の決算発表を行い、上場以来初めて黒字を確保した前期から一転、再び赤字に転落したことを明らかにしました。 ◆2022年6月期の連結業績(百万円)・売上高 147,049・営業利益 △3,715・経常利益 △3,896・純利益 △7,569 …

東芝テック第1四半期の経常利益は22億円の赤字に転落

POSシステム大手の東芝テックは、2022年8月10日、2023年3月期第1四半期の決算の決算発表を行い、経常損益△22億円の赤字に転落したことを明らかにしました。 ◆2023年3月期第1四半期(百万円)・売上高 109,299・営業利益 203・経常利益 △2,253・純利益 △2,161…

ソフトバンクグループ 過去最大の赤字 3兆1627億円

ソフトバンクグループは2022年8月8日に、2023年3月期 第1四半期の決算発表を行い、最終利益が3兆1627億円の赤字となったことを発表しました。これは日本の上場企業の四半期ベースの最終赤字としては過去最大になります。携帯電話のソフトバンクの業績は堅調…

公的年金運用、2022年4月~6月は3兆7500円の赤字。2四半期連続。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2022年8月5日、2022年4~6月期の公的年金の運用損益が3兆7501億円の赤字だったと発表しました。運用損益が赤字になるのは、1~3月期(2兆2031億円)に続いて、2四半期連続となります。世界的にインフレが進行する中…

日本製紙 通期初の営業赤字 200億円

製紙大手の日本製紙は、2023年3月期第1四半期の決算発表を行い、その中で通期は250億円の赤字になる見通しを明らかにしました。 ◆2023年3月期 連結業績予想(2022年4月1日~2023年3月31日)・売上高 1,100百万円・営業損益 △20,000百万円・経常損益 △20,000…

東京電力 22年第1四半期は670億円の赤字

2022年8月2日、東京電力ホールディングスは2022年度第1四半期の決算発表を行い増した。 売上高 14,764億円 営業損益 △442億円 経常損益 △489億円 純損益 △670億円 他の電力各社同様、ウクライナ情勢で発電の燃料となるLNGが高騰していることが主な要因です。…

国内電力会社 9社中7社が赤字決算

全国の2022年第1四半期の電力各社の決算が出そろってきました。 それによると、2022年7月30日現在、全国9社の発表された決算のうち、7社が赤字であることが分かりました。 円安やロシアウクライナ戦争の影響でLNG(液化天然ガス)をはじめとする燃料調達コス…

JR東が地方路線の収支発表。最も赤字が大きいのは羽越本線

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、平均通過人員が2019年実績において2,000人/日未満の路線の経営情報を開示しました。それによると、35路線、66区間が該当する路線であり、2020年度の収支で最も赤字が大きかったのは、新潟県下越地方とから秋田県沿岸部を結ぶ…

日産車体 1Qは赤字転落

日産自動車の関連会社である日産車体は、2022年7月28日、2023年3月期第1四半期の決算発表を行い、赤字に転落した旨を明らかにしました。 ◆2023年3月期第1四半期 連結業績(百万円)・売上高 55,063・営業利益 △1,760・経常利益 △1,590・純利益 △1,111 半導体…

マクアケ 2022年9月期3Q決算で赤字に転落。

2022年7月26日、クラウドファンディングサービスを展開する、マクアケは2022年9月期第3四半期の決算発表を行い、赤字に転落したことを明らかにしました。 ◆2022年9月期第3四半期業績(百万円)・売上高 3,326・営業利益 △89・経常利益 △66・純利益 7 サービ…

日本鋳造 1Q決算は赤字転落

2022年7月26日、鋳鋼、鋳鉄品の製造を行っているJFEホールディングスグループの日本鋳造は、2023年3月期 第1四半期決算発表を行い、赤字に転落したことを明らかにしました。 ◆2023年3月期 第1四半期 連結業績(百万円)・売上高 2,800・営業利益 △5・経常利…