不景気 Japan

fukeiki news in Japan

事業撤退

「ラフ・シモンズ」がブランド終了を発表。27年の歴史に幕。

ファッションデザイナーのラフ・シモンズが、自身のブランド「ラフ・シモンズ」の終了をInstagramで発表しました。シモンズは、 「23年春夏コレクションは、『ラフ・シモンズ』の27年にわたる素晴らしい旅の締めくくりであり、最後のシーズンになる。私たち…

東宝が子会社の「東京現像所」の事業終了を発表。

映画配給などを行う東宝は、連結子会社の東京現像所の事業を終了することを発表しました。同社は1955年に設立され、フィルムの現像やデジタル技術を用いた映像の合成・編集、劇場上映用デジタルデータ(デジタルシネマパッケージ=DCP)の制作、映像アーカイ…

エプソン、オフィス向けレーザープリンタから撤退。

セイコーエプソンは、オフィス向けレーザープリンターの販売を2026年に終了し、オフィス向け複合機やプリンターはエプソンが得意とするインクジェット式に集中していくことを発表しました。 現在、オフィス向けはレーザー式が主流ではありますが、インクジェ…

島津製作所が自衛隊向け部品製造から撤退

読売新聞の報道によると、分析機器大手の島津製作所は、航空自衛隊向けの部品製造から撤退する方針を固めたことが明らかになりました。 同社は1936年に航空機事業に参入し、ディスプレイや、機内の温度、圧力を調整する機器の生産等を行っていました。しかし…

箱根 星の王子さまミュージアム閉園

TBSグロウディアは2022年10月28日、「箱根 星の王子さまミュージアム」を2023年3月31日をもって閉園することを発表しました。 コロナ禍による来園者の減少や、建物の老朽化が理由であるということです。 同園は、『星の王子さま』の作者である、サン=テグジ…

LINE スマートスピーカーのCLOVAから撤退。撤退後は、Bluetoothスピーカーに。

2022年10月26日、LINEはAIアシスタントであるCLOVAを搭載したスマートスピーカーの販売を2022年10月31日に、同製品の音声操作サービス CLOVA Assistantを2023年3月30日をもって終了することを発表しました。CLOVA Assistant 終了後は、Bluetoothスピーカーと…

デンカ、セメント事業から撤退

デンカは2025年上期を目処にセメント事業から完全撤退することを明らかにしました。 同社は1954年からセメント事業に参入し、新潟県糸魚川の青梅工場を中心に製造、販売を行ってきましたが、国内のセメント需要の低下、カーボンニュートラルに向けた大型投資…

「ムーミンカフェ」「ムーミンスタンド」「MOOMIN SHOP」を、2023年2月に全店閉店

ベネリックは、運営する全10店舗のムーミンカフェ、ムーミンスタンド、MOOMIN SHOPを2023年2月をもって、閉店することをあきらかにしました。 同社は2003年より、およそ20年に渡り、ムーミン事業を展開してきましたが、2023年2月をもって、ライセンス契約が…

ホッカンHD子会社の北海製罐、飲料用スチール空缶製造から撤退。

ホッカンホールディングスは、子会社の北海製罐における飲料用スチール缶事業の生産を2023年3月末をもって廃止することを発表しました。北海製罐は、飲料用スチール空缶、食品缶詰用空缶、エアゾール用空缶などの製造を行っておりますが、このうち、1973年以…

カジュアルシューズの『ロックポートジャパン』が会社清算。

靴製品の小売・卸売を行う「ロックポートジャパン株式会社」は2022年9月8日、東京地裁より特別清算開始決定を受けたことが明らかになりました。同社は、米国紳士靴・婦人靴メーカーThe Rockport Group, LLCの日本法人として、国内直営10店舗、百貨店のシュー…

横浜ゴム カート用タイヤの供給を終了。

2022年9月30日、横浜ゴムはYOKOHAMAカート用タイヤの供給を、2022年12月末をもって終了することを明らかにしました。同社は2001年にカート用タイヤの供給を開始して以来、日本自動車連盟(JAF)や国際自動車連盟(FIA)国際カート委員会(CIK-FIA)公認カー…

アメリカ通販衣料最大手のランズエンド、日本撤退を発表。

米国の通販衣料最大手のランズエンドを日本で運営する、日本ランズエンドは、国内での事業を2022年12月末をもって終了することを発表しました。日本ランズエンドは1993年に設立、1994年よりカタログ通販やECを展開していました。なお、ECサイトでの注文は12…

東北の強豪、きらやか銀行硬式野球部が無期限の休部。業績悪化を受け。

きらやか銀行は今年度で硬式野球部を無期限の休部とすることを発表しました。同部は、山形県内唯一の実業団チームとして、都市対抗大会にも3回出場をする強豪でありましたが、きらやか銀行の業績悪化の影響により、今回の決定となりました。きらやか銀行の親…

富士急ハイランドのカーリングチーム「チーム富士急」が休部。2018年には日本選手権を優勝。

富士急ハイランドのカーリング部「チーム富士急」の休部が明らかになりました。同部は2010年に創設され、2018年には日本選手権を優勝、世界選手権の出場などの実績がありました。 同社からは、「この度、チーム体制を再構築する必要があるため、選手達の意思…

たむらけんじさんのラーメン店、8月24日に閉店

お笑い芸人でありながら、実業家でもある、たむらけんじさんの、プロデュースするラーメン店「大阪中華そば2829」が、2022年8月24日をもって閉店することが明らかになりました。 同店は3月26日に大阪の福島にオープンし、およそ5ヶ月の運営でしたが、諸々の…

島津製作所 自衛隊向け防衛事業からの撤退を検討

精密機器大手の島津製作所は、自衛隊向けの防衛事業の撤退を検討していることが明らかになりました。 同社は自衛隊向けの主要航空機に電装品や部品の供給、修理やメンテナンスを行っていますが、同事業の収益性の低さからこの様な検討に至っており、すでに防…

フランス菓子の老舗「ルコント」、8月末をもって全店閉店

フランス菓子の老舗「ルコント」は、2022年8月末までに、国内で展開する3店舗全店を閉店することを発表しました。 ◆閉店スケジュール・8月21日 羽田空港店・8月30日 松屋銀座店・8月31日 日本橋三越店 広尾本店や、渋谷店、オンラインサイトはすでに閉店をし…

GIGS 2022年08号で休刊

シンコーミュージック・エンタテイメントによると、音楽雑誌のGIGSを2022年6月27日発売の2022年08号をもって休刊することを発表しました。 なお、同誌をもとにしたムック、書籍などは企画を続けていくとのことです。 https://www.shinko-music.co.jp/info/20…

関西電力、北海道や蔵王の風力発電所建設計画の一部を断念

関西電力は、北海道伊達市と、宮城県と山形県の県境の蔵王連峰に建設を検討していた風力発電所の建設を断念したことを発表しました。関西電力は2022年5月に、北海道と宮城県で5つの風力発電所建設の検討を始めると発表していましたが、このうち2つ、17万キロ…

ニコン、一眼レフカメラの開発を休止。

日経新聞や、朝日新聞の報道によると、ニコンがデジタル一眼レフカメラの開発を休止していることが明らかになりました。ニコンは1959年から60年以上にわたり、一眼レフカメラを製造してきましたが、今後は成長が見込めるミラーレスカメラに経営資源を集中し…

から揚げの天才 FC展開のアークコア 事業撤退

アークコアは、から揚げの天才のFC契約を解除すると発表しました。 から揚げの天才は、居酒屋大手のワタミがFCとして展開し、アークコアは、20年9月にFC契約をし、これまで11店舗を展開してきました。 ただ、競合の店舗も増えてきているなか、1.49億円の営業…

九州電力 火力発電所共同開発検討から撤退

九州電力は東京ガスと、千葉袖ヶ浦パワー株式会社を設立し、LNG火力発電所の共同開発を検討していました。 しかし、エネルギー情勢については、世界規模の混乱が続いている中で、燃料市場、電力市場を含め、総合的に判断した結果、2022年6月15日、九州電力は…

新電力会社、1割強が撤退

帝国データバンクの調査によると、燃料価格の高騰に伴う電力市場の混乱により、売電事業を行う新電力事業者の1割強にあたる104社が、契約停止や撤退、倒産をしていることが分かりました。3月末時点では31社だったため、2ヶ月間で3倍強に急増した形となります…

監獄レストラン ロックアップ 全店閉店

「監獄レストラン・ロックアップ」の最後の1店舗が2022年7月31日をもって閉店することを、運営するパートナーズダイニングが発表しました。ロックアップは1999年に京都に1号店をオープンし、来店客が囚人として鉄格子の監獄個室に投獄されて食事をするという…

日本製紙 高級白板紙から撤退

2022年6月6日、日本製紙株式会社は、グループ会社の日本製紙クレシア興陽工場で製造している、本の背表紙などに使用する高級白板紙を撤退し、同工場をカップ原紙の塗料専用設備に改造し、カップ原紙事業強化を図っていくと発表しました。環境意識の高まりに…

長崎西洋館 23年5月末閉鎖

長崎電気鉄道が運営する、長崎市の副業商業施設の長崎西洋館が2023年5月末で閉鎖することが分かりました。 1990年11月30日にオープンし、飲食店や小売店のほか、ハローワーク関連施設、路面電車資料館などが入居しているものの、コロナ禍の影響でテナントの…

プロトラブズ 日本撤退

オンデマンドで小ロットの製造受託を行うプロトラブズは、日本法人閉鎖を発表しました。最終受注日は2022年7月15日になります。同社は2009年から13年間、Proto Labs,Inc.のj日本法人として事業を展開していました。なお、アメリカ、ヨーロッパでの営業は継続…