不景気 Japan

fukeiki news in Japan

事業撤退

アシックスが体操服など学校指定用品事業から撤退。

スポーツ用品大手のアシックスは2026年秋に体操服や体育館シューズなど、学校指定用品の製造・販売を終了することが日経新聞により報じられました。同社は過去数十年にわたり、中学、高校を中心に学校指定用品を納入してきましたが、少子化などが影響し、直…

クボタが祖業の大型鋳物の製造から撤退。

農業機械メーカーのクボタは、製鉄所の圧延設備などに使う大型鋳物の製造から撤退することを発表しました。鋳物は同社の祖業でありましたが、国内市場が縮小し、鉄鋼業などで大型設備の導入が減っていました。今後は、石油化学プラントの耐熱管など、成長余…

富山県の高岡法科大が2025年度以降の学生募集停止を発表。

富山県の高岡法科大学を運営する、高岡第一学園は、2025年度以降における高岡法科大学の学生募集停止を発表しました。高岡法科大学は1989年に開学以来、4770名の卒業生を輩出してきましたが、1999年以降は定員割れが常態化し、近年では大幅な定員割れの状況…

西友が北海道、九州から撤退。

食品スーパー大手の西友は、北海道と九州から撤退することを発表しました。現在同社は、札幌市に9店舗、九州に69店舗を運営していますが、それぞれイオン北海道、イズミに譲渡し、本州に経営資源を集中させることで、物流の効率化などを行っていくということ…

リクルートのポンパレモールが終了。EC事業から撤退。

リクルートは同社が運営するオンライン通販サイト『ポンパレモール』を2024年6月30日をもって終了することを発表しました。ポンパレモールは2013年3月にスタートをし、購入に応じてリクルートポイントやPontaポイント、dポイントを貯められるECサイトで、フ…

カネボウ化粧品「コフレドール」販売終了を発表。

花王グループのカネボウ化粧品は、同社の「コフレドール」ブランドを終了することを発表しました。コフレドールは2007年に誕生し、手ごろな価格で購入できることから、幅広い世代に人気があったものの、花王が進める化粧品ブランドの統廃合の一環として、ブ…

ゴールドマン・サックスが日本の銀行業務から撤退。

ゴールドマン・サックス・グループが日本での銀行業務から撤退することが各種メディアにより報じられました。事業主体である「ゴールドマン・サックス・バンクUSA東京支店」が2024年2月29日付で銀行行廃止の広告を出し、預金の受け入れを含む全銀行業務につ…

高知のリゾートホテル「アシズリテルメ」が閉館。

高知県土佐清水市のリゾートホテル「アシズリテルメ」が2024年3月末の宿泊をもって閉館することが明らかになりました。同館は1993年から土佐清水市が整備を始め、2006年から指定管理者による運営となりましたが、管理者の撤退などが続いていました。現在は、…

日本金属がベイナイト(ベーナイト)事業から撤退。

日本金属は2024年2月22日、ベイナイト鋼帯事業から撤退することを発表しました。ベイナイト(ベーナイト)鋼帯は、曲げや張出し加工が良好な熱処理鋼帯で、自動車や産業機器などにおける、ばね製品やワッシャーなどに用いられていました。しかし、近年顧客ニ…

住友重機が造船事業から撤退。「鳳凰丸」「日本丸」などの船舶を製造。

住友重機械工業は2024年2月14日、同社の造船事業から撤退することを発表しました。同社の造船事業は浦賀造船所や浦賀船渠(うらがせんきょ)の流れをくむもので、浦賀造船所は1853年に江戸幕府は「大船建造の禁」を解いて設置され、国産初の洋式軍艦である「…

イトーヨーカドーが北海道、東北、信越エリアから撤退。

セブン&アイ・ホールディングス傘下の総合スーパーを運営する、イトーヨーカ堂は北海道、東北、信越地方の17店舗を閉店し、同地域から撤退することを発表しました。同社は現在、北海道で6店舗、東北地方では宮城県、青森県、岩手県、福島県で合計8店舗、新…

サンケン電気がスイッチング電源製品事業から撤退。

電気機器メーカーのサンケン電気は、スイッチング電源製品事業から撤退し、当該製品の生産及び販売を終了することを決定しました。また、当該製品の主力生産拠点である連結子会社のピーティーサンケンインドネシア(SKI)の解散も合わせて決定しました。当該…

リズム子会社のアイ・ネクストジーイー(INGE)が解散。

時計等の製造・販売を行う精密機器メーカーであるリズムは、連結子会社で海外ブランド時計の輸入販売を行うのアイ・ネクストジーイー(INGE)を解散および清算することを発表しました。リズムは2020年に旧時計事業(現生活用品事業)とのシナジーによる成長…

東京海上がサウジアラビアの生損保事業から撤退。

東京海上ホールディングスは、傘下の東京海上日動火災保険が保有するサウジアラビアのアラビアン・シールド・コーポレーティブ・インシュアランスの株式を同国のアルインマ銀行に売却し、同国での生損保事業から撤退することを発表しました。東京海上HDは201…

ジェネリック医薬品のサワイが米国事業から撤退。

ジェネリック医薬品大手のサワイグループホールディングスは、アメリカのジェネリック医薬品子会社のアップシャー・スミス・ラボラトリーズ(USL)などを、台湾のボラ・ファーマシューティカルズに売却することを発表しました。サワイGHDは2017年にUSLを買収…

千歳アウトレットモール・レラが運営を終了。

北海道千歳市のアウトレットモール「千歳アウトレットモール・レラ」が運営を終了する方針を決定したと、STVにより報じられました。レラは2005年に95店舗の体制で開業し、その後も拡張工事などを行い、新たに数十店舗を追加でオープンなど、テナントの誘致を…

LIXILが住宅金融サービス事業から撤退。

LIXILは子会社で住宅金融サービスを手掛けるLIXILホームファイナンスの事業を終了することを発表しました。LIXILホームファイナンスは2014年に設立され、住宅ローンの貸し出しや火災保険の取次などを行っていましたが、LIXILが主力の住宅設備事業へ経営資源…

サントリー食品インターナショナルがインドネシアの飲料事業から撤退。

サントリー食品インターナショナルは、インドネシアでの清涼飲料事業から撤退することを発表しました。同社の連結子会社が75%を保有するジャカルタのサントリーガルーダビバレッジの全株式を、合弁先のガルーダフードに譲渡するということです。サントリー…

日立が空気清浄機事業から撤退。「クリエア」「ジアクリン」を販売終了。

日立製作所の家電子会社である、日立グローバルライフソリューションズ(GLS)は空気清浄機の製造事業から、2023年をもって撤退していたことが明らかになりました。日立グループでは1960年代から空気洗浄機を手掛け、国内で製造を行ってきましたが、競合他社…

駅メモのモバイルファクトリーがブロックチェーン事業からの撤退を発表。

ステーションメモリーズ(略称:駅メモ)などインターネットサービス事業を手掛けるモバイルファクトリーは、ブロックチェーン事業からの撤退を発表しました。同社は暗号資産を用いて企業がプロジェクトの推進のために資金調達する方法であるIEO(Initial Ex…

EduLabが教育プラットフォーム事業から撤退。「英ナビ!」や「スタギア」を運営。

英検のテストセンター運営など教育関連サービスを提供しているEduLabは、教育プラットフォーム事業の廃止を公表しました。同社は中長期の事業計画を作成するにあたり、事業ポートフォリオを見直し、不採算事業については撤退する方針としていた中、教育プラ…

タイのBCPGが国内の太陽光発電事業から撤退。

タイの再生可能エネルギー大手BCPGは、日本での太陽光発電事業から撤退することを発表しました。撤退に伴い、日本のすべての発電施設と関連子会社を、欧州系企業に約430億円で売却し、売却で得た資金は再生エネルギー関連の新規事業投資に充てるということで…

住友化学がシクロヘキサノン事業から撤退。ナイロンの中間原料として用いられる。

住友化学は愛媛県新居浜市の愛媛工場にあるシクロヘキサノンの製造設備を2024年3月末をめどに停止し、同事業から撤退することを発表しました。シクロヘキサノンは主にナイロン中間原料として用いられ、国内外で堅調な需要が見込まれていましたが、原料価格の…

日本山村硝子が北米ガラス瓶製造事業から撤退。

ガラス製品・プラスチック製品などを製造する日本山村硝子は、米国の持分法適用会社でガラス瓶を製造する「アルガラス山村」の全持分を同社に譲渡し、北米でのガラス瓶製造事業から撤退することを発表しました。日本山村硝子は、2019年にアルガラス山村への…

家庭用マーガリン「ラーマ」が製造終了。

J-オイルミルズは家庭用マーガリン「ラーマ」の製造販売を2024年3月末の最終出荷をもって終了することを発表しました。同製品は1966年から57年にわたって展開されてきたブランドでしたが、家庭でのマーガリン使用量の減少や、製造する静岡工場の設備老朽化な…

JR東日本のハンバーガーショップ「Becker's(ベッカーズ)」がブランドクローズ。

JR東日本グループのJR東日本クロスステーション フーズカンパニーが運営するハンバーガーショップ「Becker's(ベッカーズ)」が2023年11月22日に、千葉柏店の閉店をもってブランドクローズすることが明らかになりました。ベッカーズは元々は、ロイヤルホスト…

「月刊まんがタウン」が休刊。新クレヨンしんちゃんはWEBに移行。

雑誌や漫画などを出版する双葉社は「月刊まんがタウン」を2023年12月5日発売の1月号をもって休刊することを発表しました。同誌は増刊の「クレヨンしんちゃん特集号」を経て、2000年11月5日発売の12月号より、誌名変更、新創刊され、23年年間発行されていまし…

東急トラベルサロンが全店閉店を発表。

鉄道や不動産事業などを手掛ける東急グループの旅行代理店である東急トラベルサロンは、2024年3月末をもって全店舗の営業を終了することを発表しました。対象となるのは、五反田東急スクエア店、たまプラーザテラス店、二子玉川店になります。鉄道会社グルー…

日本出版販売がコンビニ配送事業から撤退。

出版取次大手の日本出版販売が、コンビニチェーンへの雑誌や書籍の配送事業から2025年2月末を目処に撤退し、同じく出版取次大手のトーハンへ引き継ぐことが明らかになりました。 日本出版販売はローソンとファミリーマートへの配送を担当してきましたが、コ…

出光興産がビスフェノールA事業からの撤退を発表。

石油元売りの出光興産はビスフェノールA事業からの撤退を発表しました。ビスフェノールAはフェノール、アセトンから合成される有機化合物で、ポリカーボネート樹脂やエポキシ樹脂、樹脂難燃剤などの原料として使用されています。同社は1991年に千葉事業所に…