不景気 Japan

fukeiki news in Japan

下方修正

大庄 約10%にあたる32店舗を閉鎖

庄やなどの飲食店を運営する大庄は、2022年7月15日に行った、特別損失の計上、通期業績の下方修正のIR内で、展開する店舗のおよそ10%にあたる32店舗を8月までに閉店することを明らかにしました。 同時にボランタリーチェーン化もすすめ、約50店舗を移行して…

リニューアブル・ジャパン 下方修正で赤字見込み

2022年6月24日、再生可能エネルギー事業を手掛けるリニューアブル・ジャパンが通期業績の下方修正を発表しました。 ・連結売上高 188億円 → 190億円・連結営業利益 29億円 → 21億円・連結経常利益 14億円 → △13億円・連結純利益 6億円 → △16億円 売上高は増…

トヨタ 6月世界生産3度目の下方修正

トヨタ自動車は6月17日から、国内の7工場11ラインの稼働を、最長11日間停止することを明らかにしました。 中国のロックダウンや、海外の仕入れ先工場のトラブルにより、部品の供給が遅れているためです。 これにより、トヨタの6月の世界生産台数は80万台から…

ラクスル 下方修正で経常損益2~2.5億円

2022年6月10日、インターネット印刷事業などを展開するラクスルは、2022年7月期の連結業績の下方修正を行い、経常損益2~2.5億円の赤字となる見通しを発表しました。まん延防止等重点措置の継続的発令や、スタートアップ企業の資金調達環境の変化による需要…

シャルレ 下方修正&希望退職想定以上の応募

2022年6月10日、シャルレは業績の下方修正を発表し、2023年3月期の純損失が2.5億円→4.1億円と、赤字が拡大する見込みであることを明らかにしました。2022年5月に行った希望退職の募集について、25名程度の募集を予定していたものの、結果、38名の応募となり…

カラダノート 下方修正で、赤字見込み

家計相談や水の宅配などを行うカラダノートは、2022年6月9日、22年7月期の業績を下方修正し、赤字見込みになることを明らかにしました。 ・営業利益 2.8億円 → △2.1億円・経常利益 2.8億円 → △2.1億円・純利益 1.7億円 → △2.2億円 中長期的な事業の成長にむ…

日東製網 下方修正

2022年6月8日、漁網などのトップメーカーの日東製網は2022年4月期の決算の下方修正を行いました。 ◆修正内容・売上高 192億円 → 183億円・営業利益 7.3億円 → 3.7億円・経常利益 7.1億円 → 5.4億円・純利益 4.5億円 →1.9億円 売上高については、コロナの影響…

トップカルチャー 下方修正 

蔦屋書店などを運営するトップカルチャーが2022年10月期の決算を下方修正いたしました。 コロナ対策のまん延防止措置で売上が減少したことに加え、原油高によるエネルギーコストの高騰で、光熱費が上昇をしたことで、当期の利益を押し下げたということです。…

ファーマフーズ 下方修正で15億円の赤字に

2022年6月3日、機能性素材、機能性製品の開発・販売などを行う、バイオファーマフーズが2022年7月期通期業績の下方修正を行い、従来40億円の純利益を見込んでいましたが、一転、15億円の純損失となる見込みを発表しました。21年8月に完全子会社化した明治薬…

マツモト 22年4月期下方修正で赤字転落

スクールアルバムなどを手掛けるマツモトが、2022年5月31日、2022年4月期決算の下方修正を行い、営業損失2.1億円、経常損失1.9億円、純損失13億円となったことを発表いたしました。 学校アルバム部門においては、少子化に加えコロナウイルスが、一般商業印刷…

東京通信 下方修正 22年12期は赤字転落

スマホゲームの企画、開発などを手掛ける、東京通信が2022年5月31日、2022年12月期業績の下方修正を行い、純損益1億4千万円となる見通しを発表いたしました。オフィス移転にかかわる費用のほか、主力のインターネットメディア事業において、「Save them all…

三菱電機 2025年度自動車機器事業売上目標 1,000億円下方修正

2022年5月30日、三菱電機は2025年度を最終年度とする、中期経営計画における、自動車機器事業の売上目標を当初の9,000億円から1,000億円引き下げ、8,000億円に下方修正を行いました。 中期経営計画において、自動車は重点成長事業として定義していますが、日…

ギャップ 利益見通しを下方修正

国内でもおなじみのアパレル大手ギャップ(米)が、23年1月期の利益見通しを大幅に引き下げました。 2017年に日本を撤退した、ギャップ傘下の最大ブランド「オールド・ネイビー」が、顧客のカジュアルからフォーマル路線へのシフトという、消費者のトレンド…