不景気 Japan

fukeiki news in Japan

コインベースが日本国内でもリストラ。大半の従業員を解雇と報道。

ブルームバーグによると、米国最大の暗号資産(仮想通貨)交換業者であるコインベース・グローバルが日本国内の大半から撤退する方針で、ほとんどの従業員を解雇したということです。同社の日本法人は2016年に設立され、2021年に個人向けサービスを開始。資…

アフラック、チューリッヒで、合計200万人分の個人情報流出。

アフラック生命保険とチューリッヒ保険は2023年1月10日、がん保険加入者ら合計約200万人分の個人情報が流出したことを、それぞれが発表しました。米国の業務委託先企業が第三者による不正アクセスを受けたものによるということです。流出情報はそれぞれ以下…

静岡新聞が夕刊廃止を発表。購読料は変更せず。

静岡新聞は2023年1月10日、朝刊にて2023年3月末で夕刊を廃止する旨を発表しました。4月からも購読料は現在と同じ月ぎめ3,300円を変更せず、は朝刊のページ数を増やして内容を充実させるほか、デジタルサービスを強化していくということです。同社によると、…

タカキューがリストラを発表。債務超過の解消を図る。

紳士服チェーンのタカキューは2023年1月10日、希望退職者の募集について決議したことを発表しました。同社は、2022年2月期において債務超過となり、事業構造改革の諸施策の実施により当該状況の解消を図っていました。しかし、2023年2月期第3四半期累計期間…

盛岡のニッカツゴールデンビルが2023年4月に閉館。

映画館「アートフォーラム」などが入居する盛岡市大通の商業ビル、ニッカツゴールデンビルは、老朽化に伴い4月に閉館することが明らかになりました。映画館通りに位置する同ビルは、1975年6月に「日活レジャービル」として設立され、鉄骨鉄筋コンクリート造…

ららぽーとTOKYO-BAYの北館の建替えに伴い、GUやH&Mなど70店舗が閉店。

三井不動産が運営する、三井ショッピングパークららぽーとTOKYO-BAYの北館の一部を建替えのため2023年1月9日をもって閉館することが発表されました。この閉館により、約70店舗が閉店となるということです。同館はららぽーと船橋ショッピングセンターとして19…

冨士印刷が事業停止し、自己破産を申請。

東京都の冨士印刷は2023年1月4日に事業停止し、自己破産申請の準備に入ったことが帝国データバンクにより明らかにされました。同社は1946年に創業した印刷業者で、首都圏の印刷会社からの下請受注を基本に、商業印刷物を中心に、インライン加工や定期刊行物…

コインスターが日本市場から撤退。

米国発の硬貨両替サービス「コインスター」が、日本市場から撤退することを、国内で米コインスター社の業務代理店をしている「アーキスカイ」が発表しました。 コインスターは、スーパーマーケットなどに設置された機械に硬貨を投入すると、設置店で商品や紙…

太陽石油が山口事業所でのスチレンモノマー製造事業を終了。

石油元売会社の太陽石油は、山口事業所におけるスチレンモノマーの製造事業を終了することを発表しました。 同社のスチレンモノマーの製造事業は、三井化学から譲り受け、2004年1月に山口事業所を開設し、運営してきました。 しかし、近年は世界的なカーボン…

リーダー電子がリストラ。希望退職者募集で10名削減。

電子計測機器製造のリーダー電子は、2023年1月6日、希望退職者の募集を発表しました。 2021年5月に発表した中期経営指針の目標に向けて、より一層の経営効率化の推進と、収益構造の改善、カンパニー制における組織再編に向けて、本施策が必要になったとのこ…

「もりおか雪あかり」が終了。雪不足や人員確保に苦戦。

岩手県盛岡市の冬のイベント「もりおか雪あかり」が終了することが決定しました。同イベントは2005年に開始し、多いときは8万人近い来場者が訪れていましたが、近年は雪不足により、雪あかりの製作や期間中の維持が困難になっていたことに加え、コロナウイル…

パナソニック、炊飯器の国内生産を6月で終了。

各種報道によると、パナソニックが2023年6月を目途に、炊飯器の国内生産を終了することが明らかになりました。兵庫県の加東工場で近年では上位モデルを中心に炊飯器を生産していましたが、段階的に中国・杭州の工場に移管を行い、下位モデルを生産するインド…

JR四国の旅行センター(ワーププラザ)の半数以上が閉店。

JR四国が運営する旅行センター(ワーププラザ)の半数以上が2022年12月末に閉店されていたことが明らかになりました。閉店したのは、愛媛県内の伊予三島駅、新居浜駅、伊予西条駅、宇和島駅と香川県内の観音寺駅、丸亀駅、坂出駅、志度駅の店舗です。同社の…

2022年下期のリストラランキングはジャノメが最多人数

2022年下期(2022年7月~12月)にリストラを発表、もしくは、実施が明らかになった企業は11社あり、その中で最も人数が多かったのはジャノメの300名でした。 ただ、ジャノメは週刊文春によると、人材大手のパソナが関与し、通常の希望退職ではなく、解雇通告…

ニトリ会長、2023年は世界的不況を予想。

世界経済や為替、株価などの”経済予測の達人”と呼ばれるニトリホールディングスの似鳥代表取締役会長兼最高経営責任者は、同社の2023年3月期第3四半期決算説明会の中で、2023年の経済予測をコメントしました。 それによると、 ・円高基調になり、1ドル=110…

岩手銀行が川徳の債権、取立不能、遅延の恐れ。

地方銀行の「岩手銀行」は、保有する地方百貨店の株式会社川徳の債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。 株式会社川徳が2022年12月29日付で岩手県中小企業活性化協議会の支援による事業再生計画を成立させたことに伴う…

日医工のADRが成立。

ジェネリック医薬品メーカー「日医工」は、2022年5月13日付で事業再生実務家協会に申請していた事業再生ADR手続について、対象債権者である取引金融機関から事業再生計画への同意が得られ、2022年12月28日付でADR手続が成立したことを発表しました。 ADRでは…

電力小売(新電力)事業者の日本電灯電力販売が倒産。

東京商工リサーチによると、電力小売(新電力)事業者の日本電灯電力販売は、2023年12月21日、東京地裁より破産開始決定を受けました。同社は主に東京電力管内の電気供給エリアで、一般顧客や法人に対して価格面での優位性を押し出して電力販売を行っていま…

銚子のサンマ、およそ70年間で初めて水揚げゼロ。

千葉県銚子市の銚子漁港は2022年12月28日、2022年の漁を終え、年間水揚げ量は23万6,000トンと12年連続で日本一となる見込みですが、サンマについては1950年以降で初めて、年間を通じて水揚げが無く、歴史的な不漁であったことが明らかになりました。銚子市水…

ラウンドワンが営業時間短縮を発表。

屋内レジャー施設を運営するラウンドワンは、2022年12月27日、光熱費の高騰などの影響で、国内99店舗のうちの約80%にあたる、80店舗程度で、2023年1月中旬以降、平日を中心に深夜の営業時間を短縮することを発表しました。現在、大半の店舗が日曜日から木曜…

講談社イブニングが休刊。2月末をもって。

講談社は12月26日、漫画誌「イブニング」を2023年2月28日発売号をもって休刊することをを決定しました。同誌は2001年に「月刊イブニング」として創刊され、2003年から現在の誌名となり、月2回刊行されていました。 現在は、「JJM 女子柔道部物語」(恵本…

無印良品が25%の値上げ。不揃いバウムは150円→180円に。

無印良品を運営する良品計画が、無印良品やイデー(IDEE)の一部の商品の価格を値上げすることを発表しました。値上げは、2023年1月13日、2月3日に分けて実施し、2月3日からは商品の配送料についても値上げするということです。 値上げの対象は、大型家具や…

大分県の「新象」が自己破産。老舗の高級家具メーカー。

木製家具を製造していた大分県日田市の老舗メーカー「新象」が、累積赤字に加え、新型コロナの影響による販売不振などから自己破産したことが明らかになりました。負債総額はおよそ3億6000万円にのぼります。同社は1962年に創業し、木製のテーブルやソファな…

日野自動車、本社工場の一部敷地を売却。

日野自動車が東京都日野市の本社工場の敷地の一部を売却する方針を固めたことが、日本経済新聞によって報道されました。売却予定の敷地は、本社工場の敷地面積の3分の1にあたる約10万平方メートルということで、2023年3月期中に入札などの手続きを始め、売却…

ドルチェ&ガッバーナ ビューティが日本での営業終了。

ドルチェ&ガッバーナ ビューティ(DOLCE&GABBANA BEAUTY)が、2022年末で日本国内の全店舗の営業および、ECサイトの運営を終了することが明らかになりました。ドルチェ&ガッバーナ ビューティは、ライセンス事業を行っていた資生堂が2022年12月末で、フラ…

広島銀行が23年度中に8支店を閉鎖。

広島銀行は2022年12月23日、2023年度中に広島県内8支店を閉鎖し、近隣の店舗に統合することを発表しました。同行は2020年10月に発表した中期経営計画内で、2020年3月末時点で161の店舗数を2024年3月末には約1割削減する計画を明らかにしており、今回の閉鎖は…

三菱ミラージュが国内向け生産終了を発表。

三菱自動車は2022年12月21日、日本国内向けミラージュの生産終了を発表しました。ミラージュは、1978年に発売を開始された同社のコンパクトカーで、2002年に一度生産終了したものの、2012年に復活をし、全世界で約82万台を販売されていました。現在はタイで…

ホッカンHD子会社の北海製罐がリストラ。早期退職で95名を削減。

製罐大手のホッカンホールディングスは、連結子会社の北海製罐が早期希望退職制度にて95名の削減を行うことを発表しました。同社は、飲料用スチール空缶事業の廃止に伴い、収益構造の改善と強固な経営基盤の構築を図るために人員の再配置を実施しております…

三菱ケミカルがアクリル繊維事業から撤退を発表。

三菱ケミカルグループは、2022年12月21日、セーターなど衣料品やカーペットなどに使われるアクリル繊維事業から撤退することを発表しました。広島事業所における生産を2023年3月末から順次停止し、同年12月末をめどに販売を終了するということです。同事業は…

薬事新報社が倒産。薬剤師向けの書籍を出版。

東京商工リサーチによると、薬剤師向けの週刊「薬事新報」などを出版していた、株式会社薬事新報社が2022年12月14日付で、東京地方裁判所より、破産手続きの開始決定を受けたことが明らかになりました。同社は、1992年6月期には売上高約3億円を計上していま…